防災リュックを手作り!コツと基本を徹底解説

  • 最近台風や地震、大雨のニュースが多くて怖い
  • 用意してある防災グッズで本当に足りているのか、とても心配
  • 震災に備えて完璧な防災リュックをつくっておきたい

防災グッズをきちんと揃えておかないと、いざ震災が起きた時に命にかかわります。

そこでこの記事では、

  • 絶対に用意すべき「必須の防災グッズ
  • 女性・子供・シニア・犬猫との同行避難に必要な防災グッズ
  • 実際に防災リュックを一から作ってみてわかった、「失敗しない防災グッズの選び方」

を徹底解説します。

目次

今回つくった防災リュックは、「避難する時に持ち出す」もの

今回作る防災リュックは、

避難する時に持ち出す、1日分の必要なもの

です。

防災グッズには3種類ありますが、今回作るリュックは真ん中の「避難する際に持ち出すもの」です

まずは防災リュックの準備から

家にあるリュックを防災用にするのは危ない

さて、防災グッズを入れるリュックですが注意点があります。

アウトドア用リュックや、旅行用リュックで代用しても良いのですが

「防災用として使えない」

という危険性があります。

  • 防水じゃないから、避難する時に雨が降っていて
    中身が濡れて全てダメになる
  • 反射板がないから、夜中の避難の時に
    すごく危ない
  • 防災リュックは約10キロ。米袋くらいの荷物を背負う設計になってないリュックだと肩が痛くて運べない。

防災リュックに必要な機能4つ

私が使っている防災リュック

じゃあ、どんなリュックなら防災用として使えるのか?

防災リュックの必須条件

  • 大容量
  • 防水
  • 反射板がついている
  • 長時間背負っても肩がいたくならない

大容量であること

大量の荷物を詰め込める

まず「いっぱい入る」のは大前提。実際に防災グッズを用意するとわかるんですが、かなりの量になります。

防水であること

避難所に移動する際、晴れているとは限らない

また、防災リュックは避難所に持ち込むときに使うもの。つまり、避難所まで移動する際に大雨が降っていたりしたら濡れる可能性があります。

なので、防水であることは必須。

ちゃんと防水なら、中のモノが濡れてダメになることがない

反射板がついているもの

反射板がついていることも非常に重要です。避難所まで歩いていくのが
昼間だとは限りません。停電の可能性だってあります。

反射板がそもそもついているリュックにするか、100円ショップで反射バンドを買ってきてつけると安全です。

created by Rinker
¥110 (2024/02/26 21:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)

長時間背負っても肩がいたくならないもの

また、避難所まで背負って歩くので肩がいたくならないものが良いでしょう。

都心部・地方など住んでいる場所にもよりますが下手をすると
最寄りの避難所が3キロ先というケースも。

地方にお住いの方のツイッターなどを見ていると「最寄りの避難所が4キロ先だった」なんてことも。

防災リュックは重たいです。防災リュックの重さは10kg~15kgにもなります。実際にグッズをつめてみましたが、私の防災リュックも10キロ弱になりました。

市販されている10kgの米袋を想像してみてください。

このお米の袋を背負って、
3キロ歩く……。

かなりつらい。

幅広でクッション性あり

なので、とにかく肩が痛まないモノを選ぶとよいですね。具体的には肩にあたる部分の幅が広く、クッション性が高いものが理想。

極端な話、こういう細くて硬い素材のリュックでなければ大丈夫です。

キャリーとして地面をころがせる2WAYタイプのもの

タイヤがついていて、地面をころがせる

また、体力に自信がない!という女性の方やシニアの方は

キャリーがついていて、荷物をころがせる

タイプのものがおすすめです。

このタイプの防災リュックなら避難所まで防災グッズを楽に運べます。

一目で女性のリュックとわからないもの

こういうのは危険

また、リュックのデザインは「一目でレディースとわかるもの」は避けたほうがよいでしょう。

女性一人で避難する際は、
犯罪者に狙われやすいです。

避難するのが真夜中ならなおさら狙われやすい。だから、レディースとわかるリュックは避けたほうが安全です。なお、避難する際は服装もメンズっぽくするとより一層安心。

ここまでをまとめると、

防災リュックに求める必須条件

  • 大容量
  • 防水
  • 反射板がついている
  • 長時間背負っても肩がいたくならない

できればこの条件も満たしてほしい

  • キャリーとして
    地面をころがせる
  • 一目で女性のリュックとわからないもの

です。

これらの条件を満たしたリュックが家にないのであれば、防災リュックを用意する必要があります。

防災リュック(中身なし)のオススメランキング

スクロールできます
順位商品評価価格URL
🥇1位キャリーとして転がせるから
重たいものを持ちたくない
女性やシニアにオススメ。
16,500円公式サイトでのみ買える
🥈2位お手頃価格でちゃんとした
防災リュックを用意したい人にオススメ。

キャリー機能はないけれど、
その分お値段も安くなる。

白い部分が全て反射板
なっているのでかなり安全。
もちろん完全防水。
11,000円楽天で買う
🥉3位防災リュックに見えない
オシャレなリュックが欲しい人にオススメ
10,800円楽天で買う
4位火災時の延焼を防ぐ
防炎素材を使用したリュック。

火でリュックが
焼けてしまうのを防げます。
11,000円楽天で買う
5位とにかく大容量!
たっぷり入るので、
犬や猫のための防災グッズも入る。

ペットと同行避難する
人にオススメ。
8,980円楽天で買う
6位お手頃価格で防災リュックを
用意したい人にオススメ。
4,980円楽天で買う
7位中のミニポケットが大量にあり、
防災グッズの整理整頓に便利。

細かいグッズを大量に
入れる人にオススメ。
11,800円楽天で買う
価格はすべて税込み

これらのリュックはすべて
「中身がありません」。

すべてリュック単品なので、ご注意ください。

(2024年1月10日追記)

令和6年能登半島地震発生の影響で
防災リュックの注文が殺到しているようです。

今注文してもお届けが2月上旬、下手すると3月中旬。

また、記事内の防災リュックを私自身でクリックして見てみたんですが、売り切れで入荷が未定なものも続出しています。

注文殺到によりお届けが3月になっている
売りきれの防災リュックも続出

防災リュックをまだ備えていない方はぜひお早めに。

震災が発生すると注文が殺到するので、防災グッズは早めに買う

防災リュックは地震や台風が発生すると注文が殺到します。防災グッズ公式サイトをいろいろ見ましたが必ず書いてある文言がこちら。

災害発生後は商品のご注文が非常に殺到いたします。お届けにはお時間を頂戴いたします。ご了承ください。

ラピタ公式サイトより引用

家に届くまで1か月以上かかることも。

災害が起こってないときにこそ、早めに注文して手元に置いてくのが安心です。

【1位】ラピタの防災リュック

さて、防災リュックのおすすめ第一位はこちら。

ラピタの
キャリーとして転がせる防災リュックです。ダントツで良かったので自分用と実家用に2つ購入。

キャリーになる防水だし光る

この条件、ぜんぶ満たしてる

  • 防災グッズが全部はいる大容量
  • 完全防水だから避難の時に雨で荷物がぐっしょり濡れない
  • リュック全体が反射板だから夜に避難しても安全
  • キャリーとして地面をころがせる

デメリットは、16,500円(税込)とお値段が高いこと。まぁでも、頑丈で防水で反射板仕様の「旅行用スーツケースを買う」と思えばまぁこれくらいのお値段が妥当なのかなとい。

また、公式サイトでしか買えないのも大きなデメリットですね。楽天とかで売ってくれればパパっと注文できるのに……。ここだけ残念ですね。

ちなみに、キャリー機能がついてないバージョンであれば
楽天とAmazonで購入できます。

カラバリも豊富でかわいい。

キャリー機能はないけど、防災リュックとして断トツで優秀!

created by Rinker
¥11,000 (2024/02/26 21:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)

でも、やっぱりキャリー付きの方が体力に自信のない方には安心。

米袋くらいの重さを背負って歩くのは大変

前述の通り防災グッズは米袋ほどの重さになります。重たいリュックを最寄りの避難所まで
背負って運ぶのは大変

重たいものを背負うのが辛い女性やシニアの方には、キャリー付きのものがオススメです。

キャリータイプは16,500円(税込)

\ 公式サイトでのみ買える

【2位】キャリー機能のないラピタの防災リュック

さて、第二位は「キャリーのついてない」ラピタの防災リュック。

キャリー機能がついていないので、キャリータイプ(16,500円)よりもお値段が5,500円も安くなり11,000円で購入できます。

カラバリも豊富!

もちろん、キャリータイプと同じように完全防水な上、白の部分がすべて反射板だから夜の避難も安心です。

お手頃価格で、ちゃんとした防災リュックで備えたいという方にオススメです。

created by Rinker
¥11,000 (2024/02/26 21:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)

なお、ラピタの防災リュックは「中身が入っている」タイプもあります。

中身が入っている防災リュックと、入っていないものの
差額は8,800円。

リュック「のみ」リュック+防災グッズ
11,000円19,800円
楽天で買う楽天で買う

必要最低限の防災グッズを一つひとつ自分で買って用意してももちろん良いのですが、忙しい方にはかなり面倒。

しかも、防災グッズって一つひとつを丁寧にそろえていくと、差額である
8,800円以上お金がかかります。

これ全部揃えないといけないので。

そのため、

  • 「防災グッズを一つひとつそろえるのが面倒」
  • 「とにかく急いで防災グッズをそろえたい」

という方には、最初から中身が入ったものがオススメです。

楽天1位!中身が入ってる防災セット

【3位】防災リュックに見えないSonaeのリュック

さて第三位の防災リュックは、インスタグラムや雑誌で一番見かけるsonaeのリュック。

見た目がとにかくオシャレです。


防災リュックって、基本的には「すぐ持ち出せるよう」玄関やリビングの目立つ場所に置く必要があります。

玄関のインテリアにこだわっている方にとっては、いかにも「防災リュック!」という見た目だとちょっと困ることも。そのため、インテリアになじむこのリュックが人気だそう。

もちろん、防災リュックとしての機能も抜群で「背負い心地がとにかく軽い」「破れにくく、防水加工もばっちり」です。

防災リュックに見えないオシャレなものが欲しい人にオススメです。

created by Rinker
¥10,800 (2024/02/26 21:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)

なお、中身が入ったsonae防災リュックもあります。

「中身を一つひとつ用意するのが面倒!」「とにかく急いで防災グッズをそろえたい」という方にオススメです。

中身が入ったsonaeの防災リュック

created by Rinker
¥19,800 (2024/02/26 20:02:01時点 楽天市場調べ-詳細)

【4位】防炎素材を使用した防災リュック

第4位はこちら。グッドデザイン賞も受賞したオシャレな防災リュックです。

なんといっても防炎素材が採用されてるのが特長。たしかに、震災が起きると火災も付随して起きやすいですから防炎素材のリュックだと安心です。

【5位】ペットと同行避難する人にオススメな防災リュック

第5位はこちら。とにかく
大容量な防災リュック

ここまで大きいと、愛犬や愛猫と一緒に同行避難するために必要なグッズも十分入ります。同行避難ともなるとかなりの荷物になりますからね。これくらい大きいと安心です。

犬や猫と一緒に避難する人にオススメ!

なお、「犬猫と一緒に同行避難する際に必要な防災グッズ」も記事の下のほうで紹介しています。

» 犬猫の同行避難で必要なグッズを見る

【6位】お手頃価格で防災リュックを備えたい人にオススメ

第6位はこちら。デフェンドヒューチャーの防災リュック。

防災リュックとしては
破格の4,980円。

お手頃価格なのに、しっかり防水だし反射板のシートもついています。

お手頃価格で防災リュックを用意したい人にオススメです。

created by Rinker
¥4,980 (2024/02/27 00:40:57時点 楽天市場調べ-詳細)

【7位】ミニポケットが大量!整理整頓がしやすい防災リュック

最後に紹介するのはこちら。整理整頓が抜群にしやすい防災リュックです。

とにかく中のミニポケットが大量!細々した防災リュックをきれいに整頓することができます。

しかも、こんな感じで完全に開くことも可能。防災グッズって数か月に一度見直しをしますから、その際に中身のチェックもすごくしやすいですね。

細かいグッズをしっかり整頓したい人にオススメ!

created by Rinker
¥11,880 (2024/02/27 00:40:57時点 楽天市場調べ-詳細)

急いで備えたいなら、「中身が入った」防災リュックセットがオススメ

なお、

  • 一つひとつ防災グッズをそろえるのが面倒!
  • 最低限の防災リュックを一気にお得に、リュックごと揃えたい

という方は前述の通り
「中身が入った」防災リュックセットを買うのが手っ取り早いです。

実は、「リュックのみ」で買うのと「中身が入った防災リュック」で買うのとではそこまでお値段が変わりません。

値段の差

リュック「のみ」リュック+中身の防災グッズあり
11,000円19,800円
楽天で買う楽天で買う

中身があるのとないのとで、
差額は8,800円。

必要最低限の防災グッズを一つひとつ自分で買って用意してももちろん良いのですが、忙しい方にはかなり面倒。しかも、一つひとつを丁寧にそろえていくと、差額である8,800円以上お金がかかります。

これ全部揃えないといけないので。

そのため、

  • 「防災グッズを一つひとつそろえるのが面倒」
  • 「とにかく急いで防災グッズをそろえたい」

という方には、最初から中身が入ったものがオススメです。

中身の入った防災リュックランキング

スクロールできます
順位商品評価価格URL
🥇1位
ラピタの
防災セット
楽天1位の
断トツ人気商品!

リュック全体が反射板で安全
完全防水だから
雨の夜でも避難できる
19,800円楽天で買う
🥈2位
ディフェンドフューチャー
手ごろな価格で
しっかり備えたい

人にオススメ
13,800円楽天で買う
🥉3位防災リュックに見えない
オシャレなリュックが
欲しい人にオススメ
19,800円楽天で買う
4位
防災防犯ダイレクト 防災セット
「高品質な防災グッズ」をそろえて
避難所生活を
快適にしたい

人におすすめ
22,000円楽天で買う
5位
アイリスオーヤマ 防災グッズ
「防災食なのに絶品!」なアイリスオーヤマの防災リュック

被災した時にこそ、
ちゃんとおいしいものを
食べたいという人にオススメ
18,500円Amazonで買う
6位
Relieved Life 防災グッズ
リュックがかなり大きく頑丈!

ペットの犬猫と
同行避難
する人など、
荷物が多い人にオススメ
12,980円楽天で買う
価格はすべて税込み

(2024年1月10日追記)

令和6年能登半島地震発生の影響で
防災リュックの注文が殺到しているようです。

今注文してもお届けが2月上旬、下手すると3月中旬。

また、記事内の防災リュックを私自身でクリックして見てみたんですが、売り切れで入荷が未定なものも続出しています。

注文殺到によりお届けが3月になっている
売りきれの防災リュックも続出

防災リュックをまだ備えていない方はぜひお早めに。

一つひとつの防災リュックの中身については以下で詳しく紹介しています。

» 「防災リュックセットのおすすめランキング」を見る

なお、前述の通りですが防災リュックは地震や台風が発生すると注文が殺到します。防災グッズ公式サイトをいろいろ見ましたが必ず書いてある文言がこちら。

災害発生後は商品のご注文が非常に殺到いたします。お届けにはお時間を頂戴いたします。ご了承ください。

ラピタ公式サイトより引用

家に届くまで1か月以上かかることも。

災害が起こってないときにこそ、早めに注文して手元に置いてくのが安心です。

防災リュックを準備できたら、中身をそろえよう

さて、防災リュックの準備が出来たら中身をそろえていきます。まずは一番大切なごはん。

食品(最低3日分の用意)

3日分の食料を準備。国が推奨している防災グッズのチェックリストを見てみると、

  • アルファ米
  • レトルト食品
  • ビスケット
  • チョコレート
  • かんぱん

と書かれています。

アルファ米

アルファ米とは、炊きたてご飯を急速乾燥させたもの。

水を注ぐだけでご飯ができあがるので、防災食にぴったり。

しかしこれだけだと飽きるので、炊き込みご飯のアルファ米も用意するといいですね。

こういうのもあると良い

炊き込みご飯とかあるとめっちゃ良い

ちなみに、防災食は少し多めに買って
一度食べてみることをオススメします。

私も東日本大震災の時に被災しましたが買っておいた防災食がどうしても口にあわず、つらかったです。

防災食は避難所で食べる